コーヒー生豆通販専門店「松屋珈琲」の通販サイト。安価にコーヒー生豆を提供しています。

[限定特価] インドネシア バリG1 ナチュラル(Indonesia BariG1 Natural )

1,480円(税込1,598円)



世界でも有数の観光地"バリ”から
ナチュラル精製品が限定特価で入荷しました。


バリコーヒーの栽培は古く19世紀後半にオランダ人がジャワ島から持ち込んだと言われています。本格的には1981年代に政府の援助を得たバリの農民が栽培に適したBangliやKintamaniの高原地区にコーヒーを植えたのが始まりです。

ジャワ・コーヒーはオランダ人が世界最初に水洗したウオシュト・コーヒーであり、その後ジャマイカへ渡り”ブルーマウンテン コーヒー”のルーツである言われています。
風光明媚なバトゥール火山、バトゥール火山湖に隣接する肥沃な生産地キンタマニで栽培されるコーヒーの中でも、完熟した赤みのチェリーだけを収穫、自然環境にも配慮しながら、Mengani Millで水洗、発酵、天日乾燥を行い、乾燥後は味を落ち着かせるレスティングを行い良質のコーヒーを生産しております。
小農家での庭先栽培と違い、良質のチェリーを選別することで安定した品質を供給しております。Wet Millは、インドネシア国営農園会社PTP社が25年前に設立した工場で、PTP社の技術を現在に受けついでおります。PTP社の技術は当時オランダ人が世界で初めてコーヒーを水洗式にしたと言われております。
化学肥料を使用せず、牛からとったオーガニック肥料でコーヒーを栽培し、無農薬、精選から船積みまでの間に化学薬品に触れる事はありません。

※バリ島は世界的に有名なリゾートとなり観光化が進んだ事もあり、コーヒー栽培は最盛期から約半減しています。現在、推定でロブスタコーヒー・約1,500トン(標高500m〜800m)、アラビカコーヒー・約750トン。内訳はFull WashedとWashedが550トン(PTPメンガニ工場・約200トン、小農家手製Washed・約350トン)。残りの200トンがNaturalコーヒーです。


《地 域》 Bari Kintamani
《生産者》 1Ha規模の小農家
《標 高》 1,150m〜1,550m
《環 境》 シェードツリー栽培
《土 壌》 火山灰質
《品 種》 USDA、Cartica、Cobra、S795
《精製方法》 ナチュラル
《乾燥方法》 100%サンドライ(Cement Patioにて)
《スクリーン》 SC15〜20


■kg単価表
●1kg袋1480円 
●5kg箱詰め1380円 
●10kg箱詰め1330円 
●20kg箱詰め  1305円 
1kg袋5kg箱詰め10kg箱詰め20kg箱詰め
購入数

おすすめ商品